【お題】ブログはチラシの裏の落書きにも文庫本の原稿にもなる

要は書く人、書くこと次第なんだなって(。-`ω´-)

カテゴリ:お題
万年筆と数枚の用紙

今週のお題「私がブログを書く理由」

 

目指すところ

チラシの裏に書いた、どうでもいい落書きが、誰かの目に留まって、人気のない掲示板の隅っこに気まぐれに貼られるくらいのポジション。見つけた人はちょっと幸せになれるような、知る人ぞ知るチラ裏になりたいです。

技術ブログはまた別ですよ。あっちは備忘録や技術書のレビューなんかを含んでますからね。あっちはどちらかというと研究室に置いてある日記やノートの類です。クトゥルフ神話TRPGでキーになるアイテムですね。

こっち生活ブログですからね。しかも猫好きでズボラな独身で男だか女だか、自分でもよく分からない奴が書いてますからね。

学級新聞の1コラム、地域新聞の誰が読んでるか分からない毎月恒例の特集。一部でちょっと話題に昇って忘れられるんだけど、ふとまた読みたくなるような後でじわじわ聞いてくる中毒性のある文章。思い当たる節はありませんか?

別に論文級の素晴らしい文章を書いて称賛されたり、文庫本になりそうな一貫した文章が書きたい訳でもなく。要は自分に対する整理というか、自己満足のようなものですかね。

 

基本的に毎日とか続かないんですよね

書かなきゃって強迫観念に駆られながら書くのもあれですし。面白いこと書こうと思ったらネタが続かないですし。時々思いついた時にぽーんと書くくらいが向いてると思っています。

そこまでインプットできてないのが原因かもしれません。仕事が忙しいと必然的にブログに裂ける時間が減りますから。プライベートも充実させていけるように時間を作りたいです。

毎日かける人は尊敬します。継続は力なり。

 

じゃあブログとか書かなきゃ良いのでは?

いや、たまに直接人に言う程のもんでもないけど、どこかに吐き出したい何かが出てくる時はありますよね? 書きますよね? そんな感じです?

あとは書くことがあれば書くくらいです。